こんにちは。

今回は、単品スライドの適用について御説明します。(福井県工事請負契約約款第25条第2項)

 

単品スライドとは建設工事資材の高騰が背景にあり、公共工事の品質の維持と請負業者の負担軽減を

図る事を目的として、資材高騰の一部を請負金額に反映させる事をいいます。

(つまり発注者側が一部負担するという事です)

 

今回の対象となる工事資材は「鋼材類」「燃料油」の2種類です。

理由は、価格変動が大きい事と工事施工時の主要な品目である為です。

 

請負金額の変更については、

工事毎に対象となる資材の設計時単価と実際購入時の単価との差を高騰額として算出し、

その高騰額がその工事の請負金額の1%を超える部分について発注者側が負担してくれるという考え方です。

 

尚、この単品スライドについては、元請業者だけでなく下請業者にも浸透する様にという観点から、

福井県のHP上に対象となる工事とスライド額が掲載されていますので、ご覧下さい。

http://www.pref.fukui.jp/doc/kanri/tanpinsura_d/fil/001.pdf (土木部)