『最適給与』をシミュレーションします !
=========
 60歳からは・・・
 年    金
    +
 給    与         最大手取額を!
    +
 雇用継続給付
=========
 現在、多くの企業の定年は60歳。昨年4月からの「改正高年齢者雇用安定法」の施行により、
事業主は何らかの措置によって、労働者の65歳までの安定的な継続雇用を図ることが義務づけられましたが、
定年を一区切りに、労使の話し合いで勤務・給与体系の見直しを行う企業も多いのではないでしょうか。
「高年齢雇用継続給付金」をもらいませんか?

60歳になって給与が下がった社員には、国から「高年齢雇用継続給付」という助成金が支給される場合があります。
また「特別支給の老齢厚生年金」の受給もできることから、社員さんの手取を減らすことなく、
会社が支給する給与の額を減らすことができる場合があります。
給与の減額分を雇用継続給付金と年金が補填するわけです。
当社では、会社・社員さんの双方にメリットのある給与の定め方を算定し、ご提案いたします。
○シミュレーションには、対象の方の年金見込額等のデータが必要ですが、委任状をいただいて、
  社会保険事務所で年金加入歴や受給見込額などの確認もいたします。
○確認結果に基づいて、雇用継続給付金が受けられる範囲で「給与」「年金」「雇用継続給付」の手取総額が
  最高となる給与月額をご提案します。
○同時に、60歳到達時にくらべた月額・年額の手取額の比較、会社の負担額の比較も行います。
○出力した提案書に基づいて、年金制度等のご説明をさせていただきます。
○雇用継続給付が受けられない役員さんの報酬・年金の試算も可能です。
○もちろん、年金の「裁定請求」手続きも代行します。
 シミュレーション等に際し、若干の手数料を申し受けます。
詳細は、労務指導課(川中、高井、飯田)まで  電話0778-51-0600
────────────────────────────────────────
                 川中清司社会保険労務士事務所
                  税 理 士 法 人 川 中 経 営