税理士法人 川中経営 改正税法のお知らせ
飲食費5千円以下は経費
*****************************************************************************************************************
平成18年度の税制改正で 交際費の課税関係が緩和されました。
  ☆法人が支出する交際費のうちで、得意先など社外の人との飲食で、
   参加者1人あたりの金額が5千円以下のものは全額経費とされます。
 この減税の適用を受けるためには
  ☆飲食費の領収書は他の領収書とは区分して保存 
  ☆参加者の氏名と企業名及びその者との関係を領収書に記載 
   または、別紙に記載し添付
  ☆会計事務所では、参加者の氏名などは把握できません。企業側での記載が必要となります。
この改正は平成18年4月1日以降に開始する事業年度から適用になります。
*****************************************************************************************************************

◆交際費の説明
  法人の支出した交際費は原則として損金に算入されません。
  資本金が1億円以下の場合には次のように緩和されています。
  年間支出する交際費の額
    400万円までの部分 → 10%が経費にならない
    400万円を超える部分 → 全額経費にならない
◆今回の改正は、上記のこの交際費の規定とは別枠で経費として認めるものです。
参加者1人あたり5千円までは経費に

・相手先企業名・関係 参加者氏名の明記を!!

詳しくは、担当スタッフにおたずね下さい。