定年引上げ等奨励金

 この奨励金は、平成25年3月末をもって廃止されます。
 定年引き上げ、70歳までの継続雇用制度等の導入により、助成金の申請を検討されている場合は、
それまでに制度を導入する必要がありますので、早目の着手をお願いします。

 

来年4月から、「高年齢者雇用安定法」が改正され、60歳後の継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みが廃止され、企業は原則として希望者全員を継続雇用制度の対象とすることが必要になるなど、国からはいろいろと高齢化社会に対応した政策が打ち出されています。

これに伴い、「中小企業定年引上げ等奨励金」制度も来年3月をもって廃止されることになりました。

定年の引上げ等により、助成金の利用を検討されている場合は、早目に着手し、期限までに継続雇用制度導入の取り組みを終える必要があります。ご注意ください。

 

☆助成対象となる制度の種類  ①~④のいずれかを導入した企業に支給されます。
   ① 65歳以上への定年の引き上げ
   ② 定年の定めの廃止
   ③ 希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度導入
   ④ 希望者全員を対象とする65歳以上70歳未満までの継続雇用制度と同時に、労使協定に基づく基準該当者を対象とする70歳以上までの継続雇用制度導入

*この奨励金の申請には、就業規則が整備されていること、1年以上雇用されている60歳以上の常用被保険者がいること、などの条件がありますので、ご注意ください。

☆受給できる額
     導入する制度の種類と企業規模に応じて20万円~120万円
                                        
 

        -詳しくは、高齢・障害者雇用支援センターにお問い合わせください-
          福井高齢・障害者雇用支援センター ℡0776-22-5560

 

★この記事は平成24年12月4日現在の情報です。
 その後、支給要件・受給金額等が変更になることもあります。
 申請時には再度、要件・受給金額等のご確認をお願いいたします。