介護労働者の労働環境の向上を図った事業主のための助成金です。

①介護労働者の身体的負担を軽減するために、新たに介護福祉機器を導入し、
労働環境の改善が見られた場合、
介護福祉機器導入費用の1/2(上限300万円)が支給されます。

②介護労働者の福祉増進を図るために、雇用管理改善につながる制度等を導入し、
効果が得られた場合、制度導入に要した費用の1/2(上限100万円)が支給されます。

※支給には、あらかじめ「導入・運用計画や雇用管理制度設備等計画」を作成し、
労働局の認定を受けることが必要です。

また、介護労働者の労働環境の改善について、一定の効果がなければ支給されません。

 

詳しい内容は厚生労働省HPをご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/e03-1a5_6.pdf

★この記事は平成24年11月21日現在の情報です。
 その後、支給要件・受給金額等が変更になることもあります。
 申請時には再度、要件・受給金額等のご確認をお願いいたします。