65歳以上の離職者を雇い入れた場合の助成金

特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)


「70歳雇用」時代も、いよいよ現実のものとなってきています。
 高年齢者(65歳以上の人)をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れた場合、国から賃金の一部助成があります。
 

高年齢者でも従事できる事業所様におかれては、ぜひ検討されてはいかがでしょうか。

☆助成内容

雇い入れ日の満年齢65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介で、
1週間の所定労働時間が30時間以上の労働者として雇い入れた場合90万円(中小企業)、
所定労働時間20時間以上30時間未満の場合60万円(同)が2回に分け支給されます。
  

*対象労働者は、雇用保険の資格を喪失した日から3年以内の人であること、
また、1年以上継続して雇用することが確実なこと、などの条件がありますので、 ご注意ください。

          -詳しくは、労働局またはハローワークにお問い合わせください-

 

★この記事は平成24年9月25日現在の情報です。
 その後、支給要件・受給金額等が変更になることもあります。
 申請時には再度、要件・受給金額等のご確認をお願いいたします。