「雇い入れ」でもらえる各種助成金を紹介
                          さわやかグループ・川中経営「経営・労務セミナー」で

 協同組合さわやかグループと税理士法人川中経営は11月7日、サバエ・シティーホテルで恒例の「経営・労務セミナー」を開催し、さわやかグループ組合員など34人が受講しました(写真)。
                  CIMG1919.JPG
                                   サバエ・シティーホテルで開催されたセミナー

 セミナーでは、武生公共職業安定所(ハローワーク)の小畑嘉久・産業雇用情報官が「雇い入れにかかる各種助成金・奨励金について」と題して講演。
 厳しい経済・雇用環境下、労働局、ハローワークを中心に新設、拡充されている助成金や奨励金のうち、労働者の雇用に伴って受給が可能な各制度について、受給の要件などについて解説しました。

 紹介されたのは、「特定求職者雇用開発助成金」や「トライアル雇用奨励金」「3年以内既卒者採用拡大奨励金」「派遣労働者雇用安定化特別奨励金」など7つの制度で、小畑講師は、ほとんどの制度がハローワークの「紹介」を必要としていることなど注意点を挙げ、受講者は熱心にメモをとっていました。

 現在も各企業は厳しい経営環境下にありますが、こうした中で人を雇用する計画のある企業にとっては、何らかの助成金を受給できるチャンスでもあります。ぜひいろんな助成金を活用したいものです。

      (セミナーの資料をご希望の方は、川中経営までお問い合わせください)