◇◆◇◆ 定年引上げ等奨励金 ◇◆◇◆

近年、高年齢者の雇用に関する法律が整備され、企業は労働者が希望した場合、原則65歳まで働ける場を設けることが必要となっています。

 

今回ご紹介する「定年引上げ等奨励金」は、この法律の義務規定を超える措置、
具体的には、
(1)65歳以上への定年の引き上げ
(2)定年の定めの廃止
(3)70歳以上までの継続雇用制度の導入
などの措置を講じた企業に対し、企業規模や内容によって20万円~160万円が支給されるもので、福井県雇用支援協会が扱っています。

もちろん、就業規則にこれらの制度を明記し、所轄労働基準監督署に届け出る必要があり、また支給申請の段階で当該企業に1年以上継続雇用されている60歳以上の常用労働者(雇用保険の被保険者)が在籍していること、などいくつかの条件があります。

企業の業種や部門によっては、高年齢者の経験、技能を十分生かすことができます。60歳近くなった従業員さんや60歳を超えた従業員さんが在籍されている企業でぜひ活用していただきたい奨励金です。