中途採用をすると、基本手当(失業手当)を受給中の方を採用することがあります。

基本手当を受給し終わるタイミングの方や残日数を残して再就職する方などあると思いますが、
早期に就職が決まった場合、再就職した本人に、お祝い金のような形で残日数の一部を「再就職手当」として支給されることがあります。

今回、この再就職手当に追加されるのが、「就業促進定着手当」です。

「就業促進定着手当」とは、再就職先での賃金が離職前の賃金より低い場合に、基本手当の支給残日数の40%を上限として低下した賃金を補填する手当です。

 

再就職先の賃金が、離職前より低下することもあります。

差額補填は再就職をされた方にも、事業主様にとっても大変助かります。

【支給対象者(以下の要件をすべて満たしている方)】

・平成26年4月1日以降の再就職であること
・再就職手当を受給していること
・再就職の日から、同じ事業主に6ヶ月以上雇用保険の被保険者として雇用されていること
・所定算出方法による再就職後6ヶ月間の賃金1日分の差額が、離職前の賃金日額を下回っていること

 

申請手続きは再就職者本人が行うことになっていますが、事業主様にご準備頂く必要書類もありますので、ご協力をお願いします。

 

 

詳しくはこちら