事業主のみなさま、

労働時間管理の適正化を図りたい

労務管理について専門家に相談したい

有給休暇の取得を促進して社員のやる気をアップさせたい

飲食店での食器洗い乾燥機の導入など労働能率を向上させる設備・機器を導入・更新したい

と、お考えではありませんか?

職場環境改善コースは、労働時間等の設定の改善により、所定外労働時間の削減や年次有給休暇の取得促進を図る中小企業事業主に対して、成果目標の達成状況に応じてその実施に要した費用の一部を助成します。

上限額が100万円に引き上がりました!!

 

○成果目標

目的 成果目標
年次有給休暇の取得促進 労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数(年休取得日数)を4日以上増加させる
所定外労働の削減 労働者の月間平均所定外労働時間数(所定外労働時間数)を5時間以上削減させる

○支給額

 助成対象経費
 謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、備品費、機械装置等購入費、委託費

 

成果目標の達成状況    全て達成 どちらか一方を達成 どちらも未達成
補助率 3/4 5/8 1/2
上限率 100万円 83万円 67万円

 

※ 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新の取組の場合は、下の表のとおりです。

成果目標の達成状況 全て達成
補助率 3/4
上限率 100万円

 

助成対象経費の例

・外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士等)によるコンサルティング
→専門家への謝金、旅費
・就業規則の作成・変更にかかった費用
・労務管理用機器、ソフトウェアの導入
→出退勤管理用ICカード及びICカードリーダー、それに付随する専用のソフトウェアの導入費用
・労務管理担当者、労働者に対する研修、周知・啓発
→会場借料、会議費(講師茶菓子)、資料印刷代、講師謝金、講師旅費
・労働の率の増進に資する設備・機器等の導入・更新
→小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフトなど

 

○申請マニュアル
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/shinsei2015-2_3.pdf
↑↑ 申請の具体例が載ってます。

 

○締め切り
申請の受付は、平成27年10月15日までです。

詳しくは、下記ホームページ等をご覧ください。

厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.htm

リーフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/shokubakankyokaizen2015-1_2.pdf