男性が育児休業を取得しやすい職場づくりに取り組み、その取組によって男性に育児休業を取得させた場合に助成される「出生時両立支援コース」が、次のように大きく2点改正されました。

 

【1】2人目以降の育休取得者に対する助成額が育休取得日数によって以下のように拡充されました。

 

(中小企業の場合)     
2人目以降の育休取得

 

(改正前)
育休5日以上 14.25万円(生産性要件該当★18万円)     

 

(改正後) 

a育休5日以上 14.25万円(★18万円)

b 14日以上 23.75万円(★30万円)

c 1か月以上 33.25万円(★42万円)

 

 

【2】育児目的休暇を導入・利用させた場合の助成金が創設されました。

 

●主な要件

・子の出生前後に育児や配偶者の出産支援のために取得できる休暇制度(分割して取得可能な制度)を新たに導入し、就業規則等に規定していること
・男性労働者が育児目的休暇を取得しやすい職場風土作りの取組(例えば、利用促進するための資料等周知、取得の勧奨、管理職向けの研修の実施等)を行っていること
・子の出生前6週間または出生後8週間以内に合計して5日(中小企業の場合)以上の育児目的休暇を取得すること

 

●助成額

中小企業事業主  1事業主1回限り
28.5万円(生産性要件該当36万円)

 

育児目的休暇は、分割して取得しても助成金の対象となりますので、より利用しやすいのではないかと思います。

 

詳しくは、厚生労働省HPをご覧下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html