御社に育児休業を取得される予定の方はいらっしゃいませんか?

 

育児休業の取得時や復帰時、または育児休業取得期間中に代替要員を新たに雇用される場合や育休復帰直後の労働者への支援を行う場合に対象となる助成金が「両立支援等助成金」の中の「育児休業等支援コース」です。

 

育児休業等支援コースは、大きく分けて3つに分類されます。

 

①育休取得時・職場復帰時

中小企業事業主が労働者の円滑な育児休業の取得及び職場復帰を支援する旨を就業規則等で明文化し、労働者に周知してから、育児休業取得予定者と面談を行い、プランの作成を行います。そして対象労働者が実際に3ヶ月以上の育児休業を取得すると、申請できます。さらに職場復帰した後、継続6ヶ月雇用すると職場復帰時の申請ができます。

助成額:28.5万円(育休取得時・職場復帰時)

※1事業所あたり有期契約労働者1人、雇用期間の定めのない労働者1人のみ
※職場復帰時に「職場支援加算」がつく場合はさらに19万円

 

②代替要員確保時

上記育休取得時の内容に加え、対象労働者が育児休業に入る前に代替要員を採用し、その労働者が育児休業取得者の業務を代替する場合に申請できます。

助成額:47.5万円

※1年度内について1事業所あたり10人まで

 

③職場復帰後支援

育児休業から復帰直後の労働者の支援に取り組み、実際に対象労働者が子の看護休暇制度や保育サービス費用補助制度の利用を行った際に申請できます。

助成額:28.5万円(制度導入時※制度導入時のみの申請不可)

1,000円/時間(子の看護休暇制度利用時)
事業主が負担した費用の3分の2(保育サービス費用補助制度利用時)
※事業主負担の3分の2の額は1年度内について1事業所あたり20万円まで

 

詳しい申請方法や条件については、下記厚生労働省のHPをご覧下さい。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html