平成29年1月1日より、65歳以上の方が「高年齢被保険者」として雇用保険の適用対象となることに伴い、特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)の支給要件が一部変更になります。

平成29年1月1日以降に雇い入れる場合

<対象労働者の要件>
①雇い入れ日現在の満年齢が65歳以上の人
紹介日に雇用保険の被保険者でない人(一週間の所定労働時間が20時間以上の労働者など、失業等の状態にない場合を含む)
<事業主の要件>
①ハローワーク等の紹介により、1年以上継続して雇用する労働者(雇用保険の高齢被保険者)として雇い入れる事業主

 

高齢被保険者とは・・・平成29年1月1日以降の雇い入れ日に、65歳以上で、1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込みがある方

 

詳しくはこちら

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000146373.pdf